アメリカのセールで狙い目の時期はいつ?お得な買い方とは?

セール アメリカ転売
この記事は約6分で読めます。
副業したい人
副業したい人

副業物販でアメリカ仕入れを始めたいので、アメリカのセールについて知りたいです。また、更に安く仕入れるセールの買い方も教えてください。

副業してる猫
副業してる猫

アメリカのセールは大きく分けて年5回あります。実店舗だけでなく、最近は日本からの買い物に便利なオンラインストアのセールも盛況。セールの種類やセールの狙い目の時期や買い方を解説します。

スポンサーリンク

アメリカのセールとは

アメリカのセールとは

アメリカのセールは大きく分けて年に5回あります。まずは、どのようなセールなのかを紹介します。セール開始までに「どこで何を仕入れるか」を検討しておきましょう!

アメリカのセール(7月):独立記念日セール

独立記念日(Independence Day)は1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念し、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日になります。最もアメリカらしい祝日と言われており、独立記念日の週はクリスマスや感謝祭同様にアメリカ全土が祝日モードになります。この期間に開催されるのが「アメリカ独立記念日セール」となります。

アメリカのセール(11月):ブラックフライデー

ブラックフライデー(Black Friday)は11月の感謝祭(第4木曜日)の翌日のことで、アメリカ全土で大規模なセールが開催されます。アメリカでは感謝祭の翌日は休日になることが多く、ブラックフライデーは感謝祭プレゼントの売れ残りセールの意味合いもあります。アメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされており、年末セールの幕開けを告げるイベントという位置づけでもあります。

アメリカのセール(12月):クリスマスセール

ブラックフライデーから始まった年末のセールは更に加速します。サイバーマンデー(11月の第5月曜日)、グリーンマンデー(12月の第2月曜日)、スーパーサタデー(12月の第3土曜日)とセールが続いて12月24日のクリスマスを挟んでボクシングデー(12月26日)まで続きます。

アメリカのセール(1月):ニューイヤーズセール

アメリカのセールは年末までではありません。大晦日のカウントダウンイベントを挟んで新年もセールはアメリカ全土で続きます。ニューイヤーズセールは1月の中頃まで開催され「クリスマスシーズンに売れ残ったものや返品されたもの」が格安で販売されます。

アメリカのセール(3月):復活祭セール

キリスト教の生命の始まりを象徴する日を祝うセールです。復活祭は日付が固定されていません。復活祭セールは復活祭の前後に開催されます。

アメリカのセールの違い(実店舗とオンラインストア)

アメリカのセールの違い(実店舗とオンラインストア)

以前のアメリカでは休暇中は実店舗のセール、休暇後はオンラインストアのセールと販売形態によってセールの期間がわかれていましたが、現在は実店舗もオンラインストアも同じ時期にセールを開催しています。

時間や資金などのコストをかけずに仕入れをするならオンラインストアでの購入をおすすめしますが、もし、これらに余裕がありましたらアメリカの実店舗のセールを体感してみるのも良いでしょう。

アメリカのセールはクーポンを活用しよう

アメリカのセールはクーポンを活用しよう

アメリカのセール期間は魅力的な価格が多くなりますが、慌てて買わずにクーポンを活用することで更に割引される場合があります。店舗で購入の場合は店頭やショッピングモールの案内所、オンラインストアの場合はトップページや買い物カゴのページでクーポンがもらえる場合がありますのでチェックしましょう。

また、オンラインストアの場合は事前に「ブランド名+クーポン」で検索すると、お得なクーポンを見つけられることもあります。実店舗、オンラインストアともウェブサイトやフェイスブックなどでもクーポンがもらえることもあるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

アメリカのセールで更に安く買うなら

アメリカのセールで更に安く買うなら

アメリカのセールで安く買うならコストを削減しましょう。現在はオンラインストアのセールも充実してきましたので、航空券やホテル代などの旅費が必要ないオンラインストアがおすすめです。セールの前にクーポンを検索することも忘れずに。また、別の記事で書きましたが、転送サービスを利用する場合はアメリカ国内の送料と消費税は無料にして買い物することも忘れないようにしましょう。

アメリカのセールで仕入れる商品の選び方

アメリカのセールで仕入れる商品の選び方

私は有名ブランドの商品が大特価の場合は爆買いしています。以前、友人がセールに同行したときに「そんなに買って売れ残ったらどうするの…」と心配されたことがあります。副業物販に慣れていないうちは、セールの雰囲気にのまれて爆買いしないよう気を付けてください。事前に「どのブランドのどの商品がいくらだったら何個買う」くらいのイメージはしておきましょう。

季節を問わないで売れる小物商品(財布、ベルト、イヤリング、ネックレスなど)を選んで、更に流行に左右されない定番の色、定番のデザインを選んでおけば、例え初動の売れ行きが悪くても、時間をかけて売っていく選択肢もあります。

アメリカのセールの狙い目はいつ?

アメリカのセールの狙い目はいつ?

ずばり、11月から1月です。11月のブラックフライデーから始まるアメリカのセールは、クリスマスセール、ニューイヤーズセールと値引きが拡大します。私は11月下旬と1月上旬にアメリカへ仕入れに行っています。独身時代はアメリカ本土の友人宅を訪ねて、再会を楽しみながら仕入れていたのですが、結婚後はハワイが好きな妻と旅行を兼ねて仕入れています。

独身時代は物価の安い地域(治安が悪い地域でもあるので注意が必要)で仕入れていたので、ハワイのセール価格は若干高く感じますが、それでも通常から比べたら圧倒的な安さです。

アメリカのセールを活用したハワイ仕入れルーティーン

アメリカのセールを活用したハワイ仕入れルーティーン

最後に私のハワイ仕入れについて書いておきます。上述しましたが、11月から1月のセールは副業物販の仕入れにおすすめです。長い期間セールが続いているので、仕事の休みが取りにくい人にも十分なチャンスがあります。本業あっての副業ですので支障がないように楽しみましょう。

私のハワイ仕入れは金曜日と月曜日は年休して、木曜日の15時にフレックス退社して出国します。ハワイ到着は木曜日の午前中になりますので土曜日までの3日間で仕入れや観光を楽しんで、日曜日の昼過ぎの飛行機に乗って月曜日の夕方に帰国という流れです。

フレックス退社後は自宅に戻り車で空港へ向かいます。荷物は可能な限り減らしたいので手荷物は妻と二人で1つのリュックサックに入る量にしています。空港の駐車場に車を止めますので寒くても薄着です。とにかく嵩張らないようにしています。ハワイでは空港でレンタカーを借ります。行きたいところに行けて仕入れた商品を沢山積めるので便利です。途中でスーツケースを買って商品を入れて帰国します。もちろん、このスーツケースも仕入れ商品のため中古品として販売します。出発時はリュックサック1つ、帰国時はスーツケース6個と増えますが車なのでスムーズに帰宅しています。このスタイルはおすすめです。

副業物販の仕入れのためにアメリカの実店舗のセールへ向かうと、当然ですが航空券、ホテル代、食事代などのコストがかかります。これらのコストを回収して更に利益をあげようとすると沢山の仕入れが必要になります。小さくて軽いものを選ぶようにしましょう。また、最初のうちは仕入れよりも旅行を楽しむことを目的として「利益でホテル代くらい稼げたら良いな」というイメージで臨むのがメンタルに負担をかけないのでおすすめです。

また、クレジットカードやポイントサイトを使って仕入れをすると航空会社のマイレージを貯めることができます。実は年に2回のハワイ仕入れは航空券は無料(税金やサーチャージの支払いは必要)でゲットしています。このノウハウについても、いつかシェアしていきたいと思います。

以上、「アメリカのセールで狙い目の時期はいつ?お得な買い方とは?」の記事でした。本記事が皆さまの副業のヒントになれば嬉しいです。最後までお読み頂きましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました