レッドオーシャンとは【副業物販の視線で解説!】

3.副業物販トピックス
この記事は約4分で読めます。

本記事では「レッドオーシャン」について解説しています。日頃、何気なく使っている言葉ですが、意味や使い方は正しく理解していますか?

副業してる猫
副業してる猫

「レッドオーシャン」の意味を1999年から副業物販を行っている筆者の視点で解説します!

スポンサーリンク

レッドオーシャンの意味とは

レッドオーシャンの意味とは

経営学の用語で「血で血を洗うような激しい価格競争が行われている既存市場」のことを表します。

対義語は「ブルーオーシャン」で、新しい商品やサービスを開発・投入することで創られる競合相手のいない市場を表します。

レッドオーシャンの概念とは

レッドオーシャンの概念とは

市場は競争の激しい既存市場のレッドオーシャンと、競争のない未開拓な市場のブルーオーシャンにわかれます。

企業経営ではブルーオーシャンを切り開くべきだ!このためには業界における一般的な機能から、何かを減らし、何かを取り除き、そのうえに特定の機能を追加することで、これまでになかった価値を向上させることが重要だ!と主張されています。

企業経営ではレッドオーシャンは避けるべき概念と思われがちですが、基本的にはブルーオーシャンと違いはありません。

副業してる猫
副業してる猫

レッドオーシャンとブルーオーシャンは基本的に違いがない!?

何かを減らし、何かを取り除き、そのうえに特定の機能を追加することで、レッドオーシャンもブルーオーシャン同様の価値を創造し市場へ提供することが可能になります。

副業してる猫
副業してる猫

副業物販を例に考えると「メルカリ」が良い例として挙げられます。

メルカリが登場するまではC to C市場はオークション形式の「ヤフオク」が市場の多くを占めていましたが、メルカリはオークション形式の取引を取り除き、逆転の発想で値下げ交渉も可能なフリーマーケット形式を導入することで、多くの利用者を確保しました。

スポンサーリンク

レッドオーシャンを恐れず行動しよう

レッドオーシャンを恐れず行動しよう

インターネットを利用した副業転売で稼ごうと意気込んでも、ふと、ヤフオクやメルカリなどの長い歴史を考えるとレッドオーシャンな世界に飛び込むのを躊躇するかもしれません。

しかし、ヤフオク独占の世界に見事に切り込んだメルカリをみれば、我々のような者にも副業物販で稼ぐチャンスは転がっています。

アメリカの経営学者であるマイケル・ポーターは「事業が成功するためには低価格戦略か差別化(高付加価値)戦略のいずれかを選択する必要がある」と主張しています。

今からメルカリに出品する場合、既に市場がレッドオーシャンだからと低価格戦略を選んでは利益が薄くなってしまいます。出品しても売れずに在庫期間が長くなったり、仕入れ値より低い赤字販売でも売れない不良在庫が発生したら直ぐに赤字に転落します。

副業してる猫
副業してる猫

副業だから利益を出したいですよね。低価格戦略は避けましょう!

メルカリへの参入が遅いことは否めませんが、貴方はメルカリ初期から参入していたらパワーセラーになれたでしょうか。副業物販などの商売ではタイミングよりも経営戦略が成否をわけます。

世の中には複数のフリマアプリやオークションアプリがありますが、メルカリが隆盛を維持している間はメルカリのパワーセラーを研究して、差別化して、貴方だけの戦略を立てて売り抜いていきましょう。

当ブログではレッドオーシャンのメルカリで売り抜く戦略について以下の「メルカリで人気ブランド品を今から出品しても売れる?【対策は2つ】」で記事化しています。ぜひ、ご一読ください。

メルカリで副業物販の力をつけておけば、もし、万が一、ヤフオクからメルカリへユーザが大移動した時のようにC to C市場に新たなプラットフォームが誕生したら、ブルーオーシャンのうちにスタートダッシュを決められる強みを育てることができます。

例え新たなプラットフォームが誕生しなくても、メルカリで育てた副業物販の力は以下の既存 C to C市場でも結果を出すことでしょう。

・Amazon

・ヤフーショッピング

・eBay

・BUYMA

レッドオーシャンに飛び込む勇気と自信があれば、既に多くのユーザーで溢れているプラットフォームでの販路拡大も夢ではありません。

レッドオーシャンだから今からメルカリは…と尻込みしていたら何も始まりません。一度きりの人生、積極的にトライして楽しみましょう!

副業してる猫
副業してる猫

以上、「レッドオーシャンとは【副業物販の視線で解説!】」の記事でした。本記事が皆さまの副業のヒントになれば嬉しいです。最後までお読み頂きましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました